小松ゆたか通信(2019年6月7日)

【小松ゆたか通信】


目次

1小松ゆたかの活動報告

2最後に皆さまへのお願い


1 小松ゆたかの活動報告

皆さま、 こんにちは。

小松ゆたかでございます。

梅雨前にも関わらず、ここ数日は猛暑が続いております。

今週も長野県内各地を訪問、遊説させて頂き、各地でたくさんの方にお会いする事が出来ました。

私自身、松本、伊那、諏訪、長野に生まれ育った経験から長野県の事を多少知っていると思っていましたが、行く先々で地域の人々と交流を重ねる中で、まだまだ長野県は広く、多様な文化や深い歴史があると痛感させられます。

長野県各地を訪問していると、特に中山間部の方々からは「長野市や松本市のような大きな都市よりも、中山間地域に対する政策も考えてほしい」と叱咤激励を頂戴します。

信州で生まれ育った小松であるからこそ、そういった声に耳に傾けていかなければならないと強く思った一週間でありました。

そしてその声を政治家として国会に届け、政策として必ず実現していきます。

「小松ゆたか」改めて決意を固めた一週間でございました。

また長野県の主軸となる農業の人手不足をAIなどのテクノロジーで解消することや、そして老朽化したインフラの計画的な整備等、これからの長野県は問題が山積みですが、皆さまにとって~ゆたかな信州~を目指し、今週も各地を訪問させていただきます。今後、私を見かけた際には「小松!」と一言お声がけください。

皆さまの応援と激励が小松の原動力でございます。

今週の活動報告です。

松本駅前で街頭演説していたところ、先日の地方統一選で二期目の当選をされた松本市議の青木たかしさんと偶然お会いしました。

青木さんも推進しているこちらのシェアリングサイクルは、市内どこからも乗れてどこにでも返せます。
海外では多くの都市で採用されていますが、環境、景観にも配慮した素晴らしい取り組みです。
長野県内は車移動がメインですが、観光地や駅前の交通渋滞緩和にも繋がる試みだと感じました。
4月から開始した松本シェアリングサイクル、松本へお越しの際は是非ご活用ください。

普段とは違う目線で新しい発見があるかもしれません。

小泉進次郎さんにお会いして、熱いご声援をいただきました。

2020年にある東京オリンピック・パラリンピックだけでなく、これからの社会情勢を踏まえた福祉、医療や農業など幅広い話題で、意見交換をさせていただきました。
「早く国政に復帰して、一日も早く活躍していただきたい」と熱いメッセージも頂戴。

自分の想いを再確認し、国会へ戻る決意を新たにしました。

木曽を訪問させていただきました。

木曽谷の緑も一層と濃くなり、御嶽山の残雪も僅かとなりました。
御嶽山と言いますと、信州のヒーロー「御嶽海」木曽の各地で御嶽海を応援する看板や垂幕等を拝見しました。改めて御嶽海の益々の活躍を皆さまとご一緒に祈念させて頂きました。
大畑俊隆県議も、応援に駆け付けていただきました。大畑県議からも地元の課題等をお伺いさせていただきました。
御嶽海のように強くてたくましい「木曽」を皆様と目指して参ります。
その後は駒ヶ根を訪問させていただきました。
木曽駒をバックに佐々木祥二県議と写真を撮らせて頂きました。
佐々木県議と共に未来性のある駒ヶ根を創って参ります。
このように応援して下さる皆さんとご一 緒できることは本当に心強いです。
ありがとうございました。
皆さんのご期待にそえるように、必死で頑張って参ります。

挨拶周りの最中、塩尻市にて数十年ぶりに母方の先祖のお墓参りにいきました。

親戚の方々にも久々にお会いすることができて、近況報告もできました。

信州人としてしっかりとこの長野県、信州を繋いで参ります。

「オリンピックと私」という題名で講演をさせていただきました。

私はドクターという立場でオリンピックに同行させていただいていましたが、逆に多くの事を選手達から教わりました。
その中の一人が体操の「内村航平」選手でした。
彼は競技の際、自分の得点は気にせず、常に「自分のベストな演技」できたか否かを重視していました。ベストを尽くす事で必ず結果が伴い、それが得点に繋がる。
私も講演しながら「今の自分のベスト」だけを考え訴えかけていこうと再確認する事ができた貴重な機会でございました。

ご清聴いただきました皆様、ありがとうございました。

丸山大輔県議会議員の県政報告会に出席させていただきました。

その後若手の会にも丸山県議のお誘いで参加させて頂き、地域の若手の皆様と意見交換をさせていただきました。
世代や地域を超えると抱えている課題、悩み、不安は異なります。

皆様の感じている問題や課題に向き合い、政治がどう解決できるのか、日々勉強させていただきながら進んで参ります。

佐久で「小松ゆたかを囲む会」を開催させていただきました。

激励挨拶の中で長野県建設業協会の木下修会長から「小松ゆたかさんは医師という立場でありながら志を持って政治の世界に行くという決断をしてくれた。だから私たちも同じ目線で応援する!」という大変力強く、温かい励ましを頂戴致しました。
ご参加いただきました佐久医師会、歯科医師会、薬剤師会、来賓の皆様、ご参加いただきました皆様、お忙しい中、ありがとうございました。
応援して下さるの気持ちを無駄にしないように、1日1日を全力で頑張って参ります。

坂城町で竹内県議と共にご挨拶をさせていただきました。

坂城町は、世界で活躍する高い技術を有する中小企業様が多々あります。
高い技術と真面目な県民性が信州の強みでもあります。
刀匠の宮入行平も住んでいた坂城町。

歴史的にものづくりに力を入れた町であることが分かります。

2.最後に皆さまへのお願い~小松ゆたかを広めてください!~
小松ゆたかは皆さまにお会いするため、広い長野県を駆け巡っております。
小松の活動情報を随時アップしておりますので是非SNSのフォロー・いいね・シェアをしていただいて応援の輪を広げて頂きますようよろしくお願いいたします!
 

Leave a comment