たくさん体を動かすと、人生の満足度が高まる!

スポーツを愛する小松ゆたかです!

小松ゆたかはスポーツドクターとしてスポーツがもたらす健康効果に注目しています。

私自身もバスケットボールが大好きで、

シニアチーム(40歳以上のおやじバスケチーム)に所属して汗を流しています。

いやなことがあったり、悩みがあったり、気分を換えたいときは、

私の場合、酒も少々は飲みますが、体を動かし、汗を流すことが多いですね。

小松ゆたかは、おやじバスケットボールチームにも所属しています!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そしてつい最近、それを証明するような研究が発表されました。

それが、米国・ペンシルベニア州立大学の研究チームがHealth Psychology 2012年10月22日オンライン版に発表した研究で

たくさん体を動かした日はいつもより人生の満足感が高まる!

というものです。

嫌なことや残念なことがあった日には、いつもより余計に運動すると人生の満足感が高まり、精神衛生に良いことが明らかになったのです。

特に普段行っている運動量よりも若干多めに運動すると、顕著にその日の人生の満足感が向上することもわかりました。

この結果から研究チームは落ち込みそうなときには、いつもより少しだけ長い時間、

もしくは少しだけ強めに運動すると人生の満足感が上がって精神衛生に良いので実行することをお勧めするとしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小松ゆたかは今、ふだんよりもいっぱい体を動かしています!

北信、長野1区を走り回り、階段を駆け上がり、声を出し、たくさんの皆さんと握手をして動き回っています。

中野市で寒い中、私の演説会を最初から最後まで聞いてくださった支援者の方に激励の声をかけていただき、感謝の握手! 手は冷たくても、心は燃えているぞ!!

それにもかかわらず、疲れが溜まったり、へこたれたりしないのは、

きっとふだんよりたくさん体を動かして、人生の満足感をいっぱい感じているからでしょう。

 

そしてさらに、訪れる先々で、皆さんの温かい笑顔に迎えられ、

「がんばれ小松!」

「応援しているよドクター」

と激励の言葉をたくさんいただいているからだと思います。

小松ゆたか、今日も皆さんに、感謝、感謝です!

街宣車に上がるのもいい運動です。参議院議員の小坂憲次先生にもサポートしてもらいました。
街宣車の上に立ち、皆さんに小松ゆたかの熱い思いを聞いてもらえるのは本当にうれしいです!お騒がせしてすみません。でも街で見かけたら、ちょっとだけ、小松ゆたかの話を聞いてください!