花粉症でも大丈夫!バレンタインデーから抗アレルギー剤

 国政復帰を目指し、戸別訪問や街頭演説、ミニ集会など地道な活動を続けています。5年間の国会議員時代にはできなかった「ゆっくりと時間をかけて話を伺う」ことができます。これが必ず将来のためになると、前向きな気持ちです。

▼2月19日 木島平村にて後援会役員会

 国会では平成30年度予算案が衆議院を通過し、参議院での審議が始まりました。その一方で森友問題では財務省の文書書き換えが明らかになりました。これは国民、国会を冒涜するものです。自民党としても毅然と対応し、事実を明らかにしなければいけないと思います。

 街中の雪も消え、スギ花粉が飛ぶ季節になりました。私も30年前から花粉症です。目のかゆみや鼻水に苦労した時期もありましたが、現在は全く気になりません。それは花粉が飛び始める前から抗アレルギー剤を飲み始めているからです。私は毎年2月14日のバレンタインデーから薬の内服を始めると決めています。これだけで症状が激減し、点眼薬や点鼻薬を使うのは数日だけ。多くの方は症状が出てから薬を使い始めますが「症状が出る前から薬を飲み始める」のがミソです。

▼2月26日 信州中野駅前で朝の街頭演説

 健康を維持するには日々の体調に注意を払い、検診を受け、病気を予防する。これが日本全体の医療費の削減にもつながります。花粉症も同じで、症状が出てからではなく、症状が出る前から予防的治療を始める。それによって結果的に少量の薬で効果が出るのです。こうした啓発活動や、それを支援する国の仕組みを作っていかなければいけません。私が政治を志した原点でもある「医学の進歩を生かす社会の仕組みづくり」に、これからも取り組んでいきます。

▼2月11日 長野オリンピック記念の篠ノ井ウォーキング

競泳でアテネ、北京オリンピックで連続メダリストの中村礼子さんと

Comments are closed.