第193通常国会がスタートしました

 1月20日、第193通常国会が開会しました。当日は天皇陛下ご臨席のもと開会式が行われ、その後の本会議での施政方針演説。安倍総理は「中小企業や地方経済にも景気回復の恩恵を波及させ、社会保障や教育などを含め、未来への責任を果たす」と、強い決意を語りました。

 今国会では、1月31日に可決・成立した第3次補正予算案、翌2月1日から審議入りした平成29年度予算案に続き、天皇陛下の退位に関する関連法案や、働き方改革関連法案、テロ対策などについて、これから議論が行われます。また日本として米国のトランプ新政権に適切に対応し、世界をリードしていかなければなりません。

 昨年の臨時国会に引き続き、私は国会対策副委員長、総務会総務、厚生労働部会長代理として臨みます。時には縁の下の力持ちとして党を支え、地域の代表として議論をリードし、与党の政策立案に積極的に関与してまいります。

 昨年は通常国会が1月4日に開会しました。そのため正月もなかなか思うように地元を回ることができませんでしたが、今年は昨年よりも時間をかけて、北信を駆け回ることができました。行く先々で例年以上のたくさんの方々から、「いつも応援しているよ」「次こそは・・・」と声をかけていただきました。

 私を支え続けてくださるみなさんがいて、はじめて国会議員として活動することができます。その感謝の気持ちを忘れずに、国会議員として5年目となる2017年も、謙虚な姿勢で、誠実に政治に取り組む一年にしていきます。

 今年も地元と国会を頻繁に往復しながら、北信のため、日本のために全力を尽くします。

Comments are closed.