Archive for 11月, 2018

新たなる挑戦!

金曜日, 11月 16th, 2018

10月28日、自民党長野県連会議において、次回の衆議院選候補となる長野一区支部長が若林けんたさんと決まりました。
同時に私は吉田博美参議院幹事長から「私の後継者として」という、これ以上ない重い言葉を頂き、来夏の参議院選挙で長野県区から挑戦することになりました。
私を支え続けていただいている全ての方に感謝を申し上げ、これから自民党の参議院長野県区の議席を守り抜くという重大な使命に向け、必死になって信州を走り回ります。若林けんたさんと力を合わせて頑張りたいと思います。

内科医として医療や介護の現場に身を置きながら「みんなが心も体も健康に暮らすために、医学の進歩だけでは解決できない課題を政治で解決したい」と政治を志し、6年前の公募で長野一区支部長に選んでいただき、二期5年にわたり衆議院議員を務めました。
健康、社会保障、スポーツ、女性、障がい者などの分野にて、多くの議員立法の作成に関わり、国会の裏方である国会対策副委員長も務めました。
同時に「地方から選出されている議員の役割」も強く感じる中で、身近な課題である農林業、人口減少問題、災害対策やインフラ整備、中山間地の課題等、解決に向けた施策や予算獲得に努めてきました。与党議員として、理想を語るだけではなく、それを実現させることこそが政治家の役割だと感じました。

長野県は住みたい県ナンバーワンです。素晴らしい宝をたくさん持っています。真面目な人柄、うまい農作物、魅力的な観光地、ものづくりの力、健康長寿などなど。しかしこれらの宝が十分に活かし切れていないと感じます。信州の宝を活かした地方創生を実現しなければいけません。
この一年、一人でも多くの方と会い、声を聴き、小松ゆたかを知っていただく活動を続けてきました。
政治が信頼を失いつつあると感じる今、問われているのは、政治に取り組む「姿勢」だと感じます。これからも、政治を志した原点を見つめ謙虚に誠実に必死に取り組み、しっかり自分の意見を言っていきます。

来夏に向けて、生まれ育った信州に恩返しをするために、必死に取り組んで参ります。これからも小松ゆたかをどうぞよろしくお願いいたします。