Archive for 3月, 2016

保育園待機児童問題

水曜日, 3月 30th, 2016

 待機児童問題がテレビや新聞で大きく取り上げられています。私が理事を務める厚生労働委員会でも、与野党問わず多くの議員がこの問題で質問に立っています。

 待機児童とは、保育園に申し込みをしたが、入園できなかった子供のことです。3月28日に厚生労働省が発表した調査によると、昨年10月1日時点の待機児童数は、全国で4万5,315人に上っています。

 待機児童は今に始まった問題ではありません。昭和60年に成立した男女雇用機会均等法により、女性の社会進出に対する取り組みが積極的に行われるようになりました。その結果、働く女性が増えたことで保育園の需要も増加し、待機児童問題が顕在化しました。

 最近になって連日のようにメディアでクローズアップされるようになったのは、2月29日に行われた衆議院予算委員会での議論がきっかけです。この日、2月中頃からインターネット上で話題になっていた、「保育園落ちた日本死ね」と題するブログが取り上げられました。

 「子供を保育園に入れられなかった母親によるもの」としてインターネット上で話題になっていたこの匿名のブログをめぐって、安倍総理が「苦しい思いをしている人がたくさんいることは承知している」と述べる一方で、「匿名である以上、実際起こっているか確認しようがない」と答弁。このことが、その後の報道で取り上げられ、政府の対応に批判を招く結果となりました。また委員会での自民党議員からのヤジも、よくなかったと思います。

 しかし、政府・与党はこれまで待機児童問題に手をこまねいていたわけではありません。平成25年4月に、「待機児童解消加速化プラン」を策定。25年度からの2年間を「緊急集中取組期間」と定め、約21万9,000人分の保育の受け入れ枠拡大を達成しました。それまで年3~5万人程度だった保育拡大量を、自公政権復帰以降は年10万人程度まで拡大しました。

 これだけ保育定員が拡大しても保育園に子供を預けることができず、辛い思いをされている方が数多くいらっしゃることも承知しています。待機児童の解消に、今後も保育園を増やしていくことが重要なのは言うまでもありません。それには、何よりもまず保育士が必要です。

 待機児童に関連する問題として、長年低待遇に置かれてきた保育士の待遇改善も必要です。児童福祉の専門職としての高い専門性と、就学前の子供の命を預かる重要性とに見合う待遇に、改善していかなければならないと考えています。

 また保育園の数や定員だけが増えて、保育の質が低下しては元も子もありません。保育の質を保ちながら着実に保育定員を拡大し、質と量の両面で待機児童問題を改善していくことが重要です。

 誰もが安心して子供を産み、育てることができる社会を創ることは、私たち国会議員に課せられた責務です。とりもなおさず、待機児童問題は女性の活躍推進にも、また少子化対策にもつながる、大変重要なテーマです。この待機児童問題に、私も力を尽くして取り組んでまいります。

慶應義塾大学病院へ視察

金曜日, 3月 25th, 2016

 24日、「優れた医療機器を国民に迅速かつ安全に届けるための議員連盟」の活動として、慶應義塾大学病院への視察に参加しました。

 慶應病院では、民間企業と共同で内視鏡やリハビリシステムなど、次世代医療機器の研究・開発を行っています。この日の視察では、開発中の医療機器の試作品をデモ体験させていただきました。

IMG_2966

 知的財産保護の観点から実物の写真を掲載することはできませんが、日本の高度なロボット技術を活用した内視鏡や、脳活動をモニタリングし、運動をアシストするリハビリ機器など、実用段階を間近に控えたさまざまな機器を手に取って試すことができました。

 視察終了後は、参加した国会議員団と、医療機器の開発に携わっている慶應病院の先生方との意見交換が行われました。今回の視察で慶應病院側のリーダーを務めた慶應大学医学部の矢作直久教授は、私の東大病院時代の同僚で、ESD(内視鏡を使って低侵襲で胃がんの治療をする技術)の第一人者です。

IMG_2972

 矢作教授の「医療現場でのアイデアを実用化するには、さまざまな課題がある」という意識は私も同じであり、それが、私が政治を志した想いでもあります。

 その想いを胸に政治の世界に飛び込んだ私にとって、今回の視察は、医学だけでは解決できない問題を我々が支援して、さらにそれを日本のイノベーションに変えていく、ということをあらためて認識するものになりました。

IMG_2998

 現場の医療ニーズに応える医療機器の開発・普及を、これからも全力で支援していきたいと思います。

IMG_3014

アンチ・ドーピング体制の構築・強化に向けたタスクフォース

水曜日, 3月 23rd, 2016

 文部科学省では、冨岡勉副大臣を座長とする「アンチ・ドーピング体制の構築・強化に向けたタスクフォース」を設置し、アンチ・ドーピングに関する法的枠組みについて検討を重ねています。このタスクフォースに、私もオブザーバーとして参加しています。

 先日も女子テニスのマリア・シャラポワが、今年1月の全豪オープンテニスのドーピング検査で、禁止薬物に陽性反応を示したことが明らかになりました。また昨年11月には、ロシア陸連が世界アンチ・ドーピング機構から「ドーピング問題が横行している」との指摘を受け、完全資格停止処分という最も重い処分を受けています。

 こうしたドーピングは、クリーンな選手たちの日頃の努力を踏みにじり、スポーツを愛する人々を失望させるものです。と同時に、何より「スポーツの価値」を貶めるものです。日本国内においても、より積極的なアンチ・ドーピングの活動を行っていく上で、法的整備を含め課題を整理し、対応する必要があります。

 過去のオリパラ競技大会において、日本はひとりもドーピング違反者を出していません。これまで国際的なアンチ・ドーピング活動にも積極的に貢献しており、高い評価を受けています。2020東京オリパラに対しても、ドーピングのないクリーンな大会となるよう、強い期待が寄せられています。

 このタスクフォースでは、国内のアンチ・ドーピング体制を整備・強化すると共に、2020東京オリパラの開催国として、国際的なアンチ・ドーピング体制強化に向けた貢献のあり方について検討を行います。アンチ・ドーピング体制を確立することで2020東京オリパラの価値を高め、またそれが東京大会のレガシーとなるよう、私もタスクフォースの一員として、しっかり取り組んでいきます。

 アンチ・ドーピングには議員になる以前から取り組んでいます。過去にブログにも書いていますので、ぜひこちらもご覧ください。

・アンチ・ドーピング(2010.11.20)
・チェスや囲碁にもドーピング検査があるって知っていますか?(2010.12.24)
・アンチ・ドーピング科学セミナー(2011.1.26)
・スポーツとアンチドーピング(2012.6.19)
・やっぱりアンチドーピング(2012.6.19)
・新しい世界ドーピング防止規定(2012.6.29)
・大相撲の大麻問題とアンチドーピング(2012.6.29)