Archive for 1月, 2016

国会議員の仕事とは ~「サボリ衆参議員65人全リスト」で思うこと~

木曜日, 1月 28th, 2016

『週刊朝日』1月29日号に、「サボリ衆参議員65人全リスト」という記事が掲載されました。この記事によると、2014年12月から2015年9月の間で、衆参両院の全国会議員の「質問回数」「議員立法発議数」「質問主意書提出件数」を調査。その結果、すべて0回の「トリプルゼロ議員」が65人おり、それを「サボリ議員」とする趣旨のものでした。

昨年の国会で、私は厚生労働委員会で3回、科学技術・イノベーション推進特別委員会で1回、計4度の質問に立ち、この「サボリ議員」には該当しませんでした。しかし、国会議員の仕事がそれらだけで判断されるのは、残念な気持ちもあります。実際、私の目から見て「トリプルゼロ議員」の中にも、国会議員として重要な役割をはたしている方がたくさんいます。

直近の私のブログを読んでいただければわかるように、テレビ中継される本会議や予算委員会の他にも、与党においては、国会に提出する前に法案を徹底的に議論する党の部会や、議連など会議への出席も国会議員の大事な仕事です。今回の記事では、こうした活動については取り上げられていません。またこうした活動は、法律や予算を作る上での準備ともなる地道な活動であり、杓子定規に回数で判断できる性質のものではないのです。

政治の世界はすぐ形になるものばかりではなく、長い時間をかけてようやく成立するものもあります。また時には縁の下の力持ちや黒子に徹して、自分の名前をあえて前面に出さない場合もあり、質問や議員立法に名前がないからと言って、その議員が「サボっている」と一概に判断できるものではありません。

たとえば議員立法では、法案を成立させるために、野党の先生方とやりとりを重ね、「委員長提案」という形をとる場合があります。その場合、法案提出者は法案を審議する委員会の委員長名となり、法案作成に関わった議員の名前は消えるのです。ただ法案を提出するだけの自己満足ではなく、世のため人のために、本当に必要な法案を成立させるためには、時には己を捨てなければならないのです。

『週刊朝日』の記事を読んで感じたのは、国会議員の日常の具体的な活動内容については、意外と知られていないことが多い、ということです。私も、実際に議員になってから知ったことが数多くあります。

テレビや新聞といったマスコミでは、ともすれば失言や不祥事ばかりがクローズアップされがちで、普段の国会議員の真摯な取り組み、地道な活動のようすは、なかなか取り上げられることがありません。だからこそ私たち国会議員ひとり一人が、自分たちの日頃の活動を国民のみなさんにお伝えし、理解と賛同を得られるよう努力していくことが大事だと考えています。いわゆる「発信力」です。

私はこれからも、こういったブログやフェイスブック、ツイッターなどのSNSを活用しながら、国民のみなさんに国会議員の仕事について発信し、その理解が少しでも深まるよう、努めてまいります。

厚労委員会質問2

ひとつひとつ、初心を忘れずに

火曜日, 1月 26th, 2016

26日は8時から党本部で、東日本大震災復興加速化本部総会からスタートしました。復興庁から、今後5か年を「復興・創生期間」と位置付け、重点的に取り組む支援施策の説明がありました。あの震災から、今年で丸5年を迎えます。私もできる限り、復興支援の後押しをしていきます。

果樹農業振興議連に続き、スポーツ立国調査会・2020年オリパラ東京大会実施本部合同会議に出席しました。鈴木大地スポーツ庁長官も出席され、昨年10月に設立されたスポーツ庁の取り組み、スポーツ行政の現状と今後のビジョンについて、力強いプレゼンテーションがありました。

IMG_1392

中でも「スポーツを通じた健康増進」は、私の想いと軌を一にしています。老若男女問わず、国民の誰もが、いつでも、どこでも、いつまでもスポーツに親しむことができる環境を整備し、スポーツを通じた健康寿命の延伸に、スポーツ庁といっしょになって取り組んでいきます。

IMG_1375

会議終了後、議員会館の事務所に戻り、厚生労働省の担当者から今国会提出予定法案の「児童扶養手当法改正案」と「特定B型肝炎ウイルス感染者給付金特措法改正案」の説明を受けました。終了後は、ジビエ議連に出席しました。

午後1時からは衆議院本会議が行われました。22日に行われた政府4演説に対して、きょうと明日、2日間にわたって代表質問が行われます。29日からは予算委員会も予定されており、来年度予算の審議が本格化してきます。

国会では、1日の中でさまざまな会議や打ち合わせがあります。そのどれもが、国民の生活に直結した法案・予算案の大事な審議です。すぐ形になるものもあれば、長い時間をかけて成立するものもあります。そのひとつひとつに、初心を忘れず、しっかりと取り組んでいきたいと思います。

谷垣幹事長の記者会見に陪席

金曜日, 1月 22nd, 2016

昨年末、自民党人事で私も新しい役職をいくつか仰せつかっています。その中のひとつ、広報本部の報道局次長の仕事として、22日、国会内で行われた谷垣禎一幹事長の定例記者会見に陪席しました。

DSC_2742

この記者会見は国会会期中の毎週火曜日と金曜日に、自民党の役員連絡会終了後、国会内にある記者会見場で行われています。

記者会見では、まず谷垣幹事長から役員連絡会の報告があり、その後、質疑応答に移りました。来年度予算や宜野湾市長選挙など、記者から矢継ぎ早にさまざまな質問が挙がります。答えやすいものばかりではありませんが、谷垣幹事長は質問に対して、ひとつひとつ、丁寧に回答されていました。

DSC_2765

記者会見は20分ほどで終了しました。谷垣幹事長の落ち着いた対応に間近で接し、大変勉強になりました。多くの方が、新聞やテレビなどの報道によって政治の情報を得ています。国民のみなさまに政治のこと、自民党のことを正確に知っていただくためには、メディアにもしっかりとその情報を開示し、説明することがとても大切です。

その意味で、政治家にとって記者会見は重要であり、そこで真摯に対応することは、国民のみなさまと誠実に対話することにつながると思います。私もこうした対応力を磨き、自分の発信力を高めていけるよう、努力していきます。

DSC_2751