Archive for 9月, 2015

第189回通常国会が閉会しました

水曜日, 9月 30th, 2015

戦後最長の245日間におよんだ第189回通常国会が、9月27日で閉会しました。今国会では平和安全法制の審議が大きく取り上げられましたが、その他にもさまざまな法案が成立しています。

成立したのは、御嶽山の噴火の教訓と防災強化を図る「活動火山対策特別措置法」や、ブラック企業対策など若者の雇用環境を整備する「青少年雇用促進法」。また選挙権年齢を18歳に引き下げる「公職選挙法」、企業に採用計画の策定を義務付けた「女性活躍推進法」。五輪担当大臣を設置して省庁横断の施策を進める「オリンピック・パラリンピック法」や「スポーツ庁設置法」もその一つです。

一方で、残念ながら今国会では成立せず、継続審議となった法案もあります。福祉サービスの整備充実を図る「社会福祉法」や、遺骨収集を国の責務と位置付け、政府が助成する「遺骨収集法」などです。こういった法案については、次の国会でもしっかり取り組みたいと思います。

テレビや新聞で頻繁に取り上げられる法案がある一方、多くの方にはあまり知られていない法案もあります。しかしどんな法案でも、私たちの暮らしと密接に関係する大切な法案です。丁寧に審議し、誠実に進めていくことが大切だと考えています。

私も今国会では厚生労働委員会で3回、科学技術・イノベーション推進特別委員会で1回と、計4度の質問に立ちました。少しずつではありますが、私の主張や想いが、他の議員や省庁など、国会の場で浸透しつつあると感じています。「政治家として」のページに議事録を載せていますので、こちらもぜひ読んでみてください。

女性アスリート支援に取り組みます!

金曜日, 9月 25th, 2015

今年のシルバーウィークは土日と祝日が並び、秋の大型連休となりました。私も地元に戻り、たくさんの方とお話ししました。20日から22日までの3日間は街頭にも立ち、先日成立した平和安全法制が、「戦争を未然に防ぐための法案であること」などをあらためて訴えました。

24日には超党派のスポーツ議員連盟総会が開催されました。その中で「女性アスリート支援のためのPT(プロジェクトチーム)」を設置することが提案され、PT座長の馳浩先生のもと、私は事務局長として、とりまとめの実務を担うことになりました。

DSC_1915

        ▲スポーツ議連総会にて 写真左端は遠藤利明 五輪担当大臣

連日のように女性アスリートの活躍が報道されています。先日もラスベガスで行われたレスリングの世界選手権で、女性選手たちが大活躍しました。吉田沙保里選手は13連覇。伊調馨選手は通算10度目の優勝、登坂絵莉選手も3連覇を達成しました。

活躍めざましい女性アスリートですが、その一方では女子小中学生のスポーツ離れ、女性特有の医学的な課題に対する支援、妊娠や出産などによるキャリアの中断、アスリートを終えた後の支援など、様々な課題があります。こういった課題に対する支援体制は、いまだ十分とは言えません。

このPTでは、女性アスリートの様々な課題に対する取り組みについて議論を行い、女性アスリートの国際競技力の向上を目指します。来年の2016年にはブラジルのリオデジャネイロで、そして5年後の2020年には東京で、オリンピック・パラリンピックが開催されます。私もPTの事務局長として、またオリンピックに5度帯同したスポーツドクターとしての経験を活かして、女性アスリートがより活躍できるよう積極的に取り組んでいきたいと思います。

平和安全法制の成立 政治に「スポーツマンシップ」を!

土曜日, 9月 19th, 2015

5月に国会での審議が始まった平和安全法制、9月19日未明に参議院本会議で可決され、法案が成立しました。

特に16日以降はテレビのニュースや新聞でも大きく取り上げられ、今年の5月に国会で審議が始まってから、賛否両論、多くの意見が私にも寄せられました。地元を回りながら様々な声もいただきました。

17日以降、衆議院も本会議を行う可能性があるということで、党から所属議員に対して「禁足(きんそく)」がかけられ、私も待機していました。「禁足」とは、「いつでもすぐ国会に集まれる場所に待機すること」を言います。

平和安全法制の採決まで衆議院は116時間半、参議院では103時間半、両院合計220時間という過去最長の審議時間を費やしました。本来であれば、より法案内容の本質について議論されるべきだったと思います。しかし「戦争法案だ」「徴兵制になる」といったレッテル貼りの議論が多く、最後までなかなか与野党の議論が噛み合いませんでした。

また17日の参議院特別委員会での採決の際、騒然とした状況を呈したことや、長時間にわたる不信任や問責決議の繰り返しは、言論の府として、とても残念です。この法案は前向きな議論となれば与野党で話し合って、より多くの方が納得できるように修正されることもあったかと思います。しかし、そういう点に議論が及ばなかったことも、残念に思っています。

私がこれまで深く関わってきたスポーツの世界では、「スポーツマンシップ」を大事にしてきました。「スポーツマンシップ」とは、お互いにリスペクト、尊敬・尊重することです。仲間をリスペクトし、相手をリスペクトし、ルールをリスペクトし、正々堂々と闘う。

政治の場でも「スポーツマンシップ」を持って行うべきだ、と今回の経験を通じて強く感じました。「安心して暮らすことのできる日本をつくる」「平和な世界をつくる」という目標は、党派を超えて変わらないはずです。自分のためや党のためではなく、日本のため、国民のために何をすべきかを、私たちは常に考えなければいけないのだと思います。

19日から秋の大型連休が始まります。私もいつもと変わらず地元に戻ります。私を見かけたら、ぜひ気軽に声をかけてください。そして今回の平和安全法制だけでなく、これからの日本の政治について、みなさんの意見を聞かせてください。

「法案が成立したらそれで終わり」ではありません。戦争をしないために、なぜこの平和安全法制がなぜ必要なのか、ご理解いただく努力を今後も続けてまいります。

平和安全法制に関する私の考えについては、先月このブログに詳しく書いています。こちらもぜひ読んでみてください。

「平和安全法制に関する私の考え」