Archive for 7月, 2013

長野スパイラルとAC長野パルセイロレディースと篠ノ井の大獅子奉納舞

水曜日, 7月 31st, 2013

参議院選挙が終わってちょうど10日間、毎日お礼のごあいさつ回りなどなど、北信を走り回っています。

28日の日曜日には、まず長野市浅川のオリンピックのボブスレー・リュージュ会場の長野スパイラルへ向かいました。

当日は「サマーフェスタ」すなわち、地元の方々や小学生などが会場の草刈りをしたり、ボブスレー体験をしたりする日、私も朝ご挨拶をさせていただきました。

長野オリンピックのレガシーをしっかりと伝えてい行くために、地元の皆さんは懸命の努力をされています。

競技人口がまだまだ少ないボブスレー、リュージュ、スケルトン。

日本が強くなるためにも、競技のすそ野を広げるためにも、ナショナルトレーニングセンターとしての機能を充実させていかなければなりません。

かつてシドニー、アテネでソフトボールでメダルを獲得し、現在はスケルトンに挑んでいる高山樹里さんとも久しぶりに会いました。

来年のソチオリンピックを目指して、自分のためにも子供たちのためにも頑張ってね。

そして午後は、篠ノ井地区をごあいさつ回りさせていただいた後、サッカーAC長野パルセイロレディースの応援に。

Jリーグを目指して秋から改修予定の南長野運動公園の球技場、これがホームでの今季最後の試合です。

みんなに交じって応援していると、何人もの方から声をかけていただきました。

此方はKさん、先日「山登りの会」にお邪魔させていただいたとき、初めてお会いしました。

サッカー場で再開してビックリ、そして声かけてくださってありがとう。

今度はお約束通りみんなで山に登りましょうね。

そして夜は、今年100周年の篠ノ井の祇園祭りへ。

大きな獅子がぶつかり合うさまはすごい迫力です。

それを見守る上山田のキレイなお姉さんたち。

ここでも、たくさんの方に声をかけていただき、いろいろなお話をしました。

また来年きますね。

これからも、しっかりと地域に根を張って活動をしていきたいと思います。

 

 

 

久しぶりの伊那、小学生のころの様々な思い出がよみがえりました。

金曜日, 7月 26th, 2013

今日26日は久しぶりの東京日程、議員会館で北陸新幹線の呼称に何とかして「長野」を入れていただこうという作戦です。

夜は、これまた久しぶりに東京にいる諏訪清陵高校の同級生たちと飯食って、長野に戻る新幹線で書いています。

昨日は久しぶりの伊那でした。

朝6時半に長野を出て、JA青年部の懇親ゴルフに向けて出発。

日ごろお世話になっている、そしていつも話をしていて「前向き」で楽しいJA青年部の方たち。

ゴルフはせずに、ご挨拶だけさせていただいて、近くで農業をしている伊那小学校の同級生の所に向かいました。

私は、天使幼稚園から伊那小学校まで8年間、伊那の水神町で暮らしました。その間1年間だけ高尾町にいた時期もありましたが、子供のころの様々な思い出の地です。

大きなモロコシ畑で農作業中の加藤晴泰くんと40年ぶりの再会。

ちっとも変ってないねえ。すぐにわかったよ。

運動神経抜群だった加藤くん、トウモロコシ畑で子供のころの思い出やこれからの農業のことなどを話しました。

話し終えて次に向かおうと車を走らせていたら目の前に「小木曽歯科医院」の看板が!

もしかしたらここは幼稚園の時に仲の良かった小木曽くん?

やっぱりそうでした。幼稚園の時の作文に「ゆたかくん」がいっぱい出てくるんだって。

こんなかたちで再会するとは思っていなかったけれど、これからもよろしくお願いします。

次は水神町、小さいころお宅へ遊びに行った「ぁっちゃん」こと兼子整形外科の兼子敦彦先生。

病院は休みでお会いできなかったけれど、選挙中は何度も激励のファクスをいただきました。

そして、私の小学生時代の恩師、大好きだった北原光穂先生のお宅へ向かいました。

今の私があるのは北原先生のおかげ、スポーツの素晴らしさ、そして人としての基本を教えていただきました。

でも6年前に死んじゃった。私が国会議員になったことを知ったらなんて言うのかなあ。

「ぁぁそうか」ってぶっきらぼうに言いそうな気がする。

お線香をあげさせていただきました。

それから、再びJA青年部の皆様のところに戻って、今度はマレットゴルフ組の皆様にご挨拶。

はじまる前にはゆっくりと日本の農業の将来やTPPのことなどお話させていただきました。

JA長野県青年部の皆様は本当に前向きで明るくて大好き、これからもよろしくお願いしますネ!

そのあと、富士見に行って高校時代の恩師・窪田孝美先生の告別式に参列しました。

豪快でいいかげんで、でも愛情を持って我々に接してくださった窪田先生、大好きでした。

でも、kの6月に病気が見つかって、あっという間に天国へ。

今年の春にいただいた叙勲のお祝いを8月に同級生たちでする予定だったのになあ。残念!

同級生もたくさん来ていて、窪田先生の思い出話に花が咲きました。

小学生時代、そして高校時代の様々な思い出がよみがえってきた深ーい一日だったのでした。

明日27日は朝6時に長野を出て名古屋に向かいます。

自民党も小松ゆたかも新たなスタートです!

月曜日, 7月 22nd, 2013

今朝は7時半から、私の原点である上松五差路での西沢正隆県議との街頭演説からスタートしました。

それぞれのイメージカラー、西沢県議はイエロー、そして私はオレンジのポロシャツです。

参議院選挙、吉田ひろみ先生そして自民党にいただいたご支援のお礼と、これからの我々の責任を話させていただきました。

自民党は大きなお力をいただきました。

これには大きな責任があるということです。

驕ることなくまじめに謙虚に丁寧に、これをしなければ自民党はかつての自民党になってしまいます。

新しい自民党は4年前に民主党に政権交代を許した自民党とは違うことを示していかなければいけません。

そして私にとっても今日は新たなスタートです。

この選挙までは、とにかく自分のことよりも吉田ひろみ先生のためにと頑張ってきました。

これから、長野1区にしっかり根を張って、長く政治を続けることができるように、体制づくりを進めていかなければいけません。

たくさんの方にお会いして小松ゆたかを知ってもらわなければいけません。

自民党は常に国民のみなさまに信頼される政党になる努力を続けていかなければいけません。

そんな気持ちで辻立ちさせていただきました。

途中、わざわざ車を降りて駆けつけいてくださった方もいました。ああ感謝!

そのあと、支援していただいた団体などをお礼にまわらせていただき、浅川総合治水対策連絡協議会の総会でご挨拶させていただきました。

自民党は安心・安全のための国土強靭化を確実に進めていきます。

もちろん無駄な公共事業は不要です。しかし災害から住民を守るための治水事業はしっかり進めていかなければいけません。

明日も朝から支援しいていただいた企業などをお礼のご挨拶にまわらせていただきます。