Archive for 4月, 2013

主権回復・国際社会復帰を記念する式典

火曜日, 4月 30th, 2013

4月28日は、憲政記念館で天皇皇后両陛下ご臨席のもと「主権回復・国際社会復帰を記念する式典」が挙行され、参列してきました。

61年前の4月28日、サンフランシスコ平和条約が発効し、日本は連合国による占領が終わり、主権を回復しました。

その日を記念し、我が国による国際社会の平和と繁栄への責任ある貢献の意義を確認するとともに、これまでの経験と教訓をいかし、我が国の未来を切り拓いていく決意を確固としたものとするために、初めて開催されました。

同時に、その日から沖縄、奄美、小笠原は一定期間、我が国の施政権の外に置かれ、そのことが現在の沖縄の米軍基地問題などにつながっているという現実も決して忘れてはなりません。

私は、この式典が、今まで触れられることの少なかった戦後日本の歴史的事実を見つめ直すよい機会であると考えて、そして、沖縄などが日本の主権から離れたという事実とその後の現実を、我々が率直に直視し、思いをはせる機会とすべきと考え、参列しました。

式典は、素直に、素晴らしい式典であったと感じました。

式では杉並児童合唱団の子供たちが、「手のひらを太陽に」「翼をください」「BELIEVE」「明日という日が」の4曲を聞かせてくれました。

戦後の大変な時代から立ち直った日本、先人たちの努力、沖縄の苦しみ、再び大震災という試練を背負わされた日本、そして日本の将来、などに思いをはせながら、歌を聴きながら自然に涙があふれてきてしまいました。

小さいころから何度も歌っていた「手のひらを太陽に」で涙が止まらなくなるとは思いませんでしたが、本当に心が洗われる式典でした。

そのあと、すぐに新幹線で長野に戻り、「みゆき野飯山ロータリークラブ創立20周年記念式典」に伺いました。

「奉仕の理想」のもと、地域のためそして世界平和のために尽くしてこられた方たち。本当に敬意と感謝の気持ちです。

式典の前には沼田秀美さんの歌と栗山敦子さんのピアノによるコンサートが行われ、最後は全員で「故郷」の大合唱。

「故郷」を歌いながら、またまた、自然に涙があふれてしまいました。

ここでも、心が洗われました。

二度も心が洗われて、地域のため、日本のため、そして世界の平和のためにしっかりとやらなければ、と改めて感じたいい一日でした。

富士見高原病院で講演、「折れない心、勝ち抜くコンディション」

土曜日, 4月 27th, 2013

昨日金曜日は衆議院内閣委員会でいわゆる「マイナンバー法案」の審議と採決。

結局、採決・可決して委員会が終了したのが午後6時過ぎ。長野に帰って保育協会長野県支部の総会に出席する予定だったのですが、直前にキャンセルせざるを得なくなってしまいました。

もちろん国会優先とはいえ、保育協会の方々、ご迷惑をおかけしました。ごめんなさい。

今日は、久しぶりに「特急あずさ」に乗って、富士見に向かいました。

立候補・選挙が決まる前から依頼されていた講演「折れない心、勝ち抜くコンディション」です。

この講演、ロンドンオリンピックの裏話も含めトップアスリートたちの素晴らしさを話してほしいと依頼されたのが昨年の夏。

当初12月に予定していたのですが、急遽立候補が決まり、さらに11月に衆議院が解散となり、延期にしてもらいました。

その後、3月1日に行う予定だったのですが、私が体調を崩して入院、また延期。

3度目の正直で約束を果たすことができました。本当にご迷惑をおかけしました。

到着後、なんと、白バイのおまわりさんが登場!

「逮捕されちゃうの?何にも悪いことしてないのに!」と思ったら、私の車を富士見高原病院まで先導してくれます???

実はこれ「ニセおまわりさん」、私を呼んでくれた富士見高原病院の整形外科医・後藤敏先生。

高校の同級生ですが、高校時代からよくこんな格好して楽しんでたなあ。

講演会場にはたくさんの方たちが集まっていてくださいました。

1時間、スポーツの素晴らしさや、なぜ一流選手たちが本番で力を発揮できるかなど、いつも選手たちの身近にいて感じていたことをお話しました。

スポーツドクターとして、本当にたくさんのことを選手たちから学びました。

それらは、昨年7月に出版した私の本「いつも本番に強い人の心と体の習慣」にも書きました。

選挙の時は、私も不安になって、自分で書いた本をもう一度読み直した事などもお話しました。

まあ、あんなに短い時間で当選させていただいたのだから、私も本番には強かったという事なのでしょう。

スポーツドクターとして選手たちの不安をとってあげることが仕事でした。

これからは、政治家として、不安なく心も体も元気で生き生きと暮らす社会を創っていくことが私の役目です。

まじめに、謙虚に、取り組みます。

いまは、東京に戻る特急あずさの中、明日は「主権回復・国際社会復帰を記念する式典」に出席してから、再び飯山に向かいます。

 

 

 

治政塾のみなさんと久しぶりのJISS

月曜日, 4月 22nd, 2013

今日は、治政塾・政治と経済を結ぶ会の皆さんが長野からいらして、ご一緒させていただきました。

まずは、日銀本店へ。

DVDによる説明の後、私もご挨拶。

本館の地下金庫などを回らせていただきました。

その後、自民党本部で高市早苗政調会長のお話を聞きました。

高市政調会長は、長野の「おやき」が大好きだそうな。

今度お土産に政調会長室にお持ちすることをお約束。

 

小坂憲次先生と若林健太先生もいらして、みんなで自民党総裁室へ移動。

これが、応接室です。

そして小坂憲次先生のご案内で参議院の憲法審査会・会長室へ、私も初めて入らせていただきました。

今日はとっても良い天気、国会議事堂も美しい。

そのあと、みんなで西が丘の国立スポーツ科学センター(JISS)に移動しました。

久しぶりのJISSです。

DVDでJISSとナショナルトレーニングセンター(NTC)の説明を受けたあと、1時間ほど各所を回らせていただきました。

JISSのみなさん、ありがとう。偶然に、たくさんの選手やコーチたちとも会って話ができて楽しかったです。

「未来を育てよう、スポーツの力で」これが合言葉!

最後に、治政塾の皆さんと記念撮影して、とても楽しい一日でした。