Archive for 10月, 2011

プロ野球ドラフトと長野久義

金曜日, 10月 28th, 2011

昨日はプロ野球のドラフト会議がありました。

プロ野球選手になることを夢見て懸命に練習している選手たち、プロから指名してもらえるかどうか、意中の球団が指名してくれるかどうか、運命の分かれ道ですから毎年さまざまなドラマがあります。

私も長く野球にかかわっていますから、知っている選手たちが指名されるかどうか、いつもとても気になります。

今年のドラフトで一番印象に残ったのは早稲田大学ソフトボール部で硬式野球の経験のないキャッチャー大嶋匠選手が日本ハムから7位で指名されたこと。

日本ハムもなかなかやるねえ。

オリンピック選手の強化の世界でも「いかにして素質ある若者を発掘するか」が課題だけれど、プロ野球でもそういう目で選手を追ってくれていたことがなんだかとてもうれしい。

男子ソフトボールにとってもこれはとても大きな出来事です。4年に一度の世界選手権も開催される男子ソフトボールの連中もJISSにはメディカルチェックのためにやってきます。大嶋選手に是非活躍してもらって、男子ソフトボールも注目されたらいいなー、って思う。

そしてやはりドラフト会議といえば、今年入団2年目で大活躍してセントラルリーグの首位打者を獲得したジャイアンツの長野久義選手のことを思い出します。

ドーハのアジア大会などにも一緒に行って学生時代からよく知っている長野選手ですが、大学卒業後2度のドラフト指名を拒否して2年前にとうとう念願のジャイアンツの一員になりました。

その間ひたすら練習して、指名される選手で居続けた長野選手、礼儀正しくてまじめで心の強さも持った好青年です。必ずプロでもやってくれると信じていました。

だから今年の首位打者獲得はとてもうれしいです。

長野選手のことは2年前、連載しているITメディアエグゼクティブのエッセイで書きました。

「巨人のチョーさん」 です。ぜひお読みください。

http://mag.executive.itmedia.co.jp/executive/articles/0912/07/news013.html

先日長野選手と久しぶりに電話で話しました。

首位打者を獲得しても、「いやー、まだまだです」って本気で言ってました。

長野らしいねえ。

プロの世界で成績を残し続けることの大変さもよくわかっているから、うぬぼれることなく努力して、これからもわれわれを感動させるプレイを見せてくれることと思います。

ますますがんばってネ。

JISSスポーツ科学会議―10年の歩みとこれから

日曜日, 10月 23rd, 2011

昨日から消化器病関連の学会で福岡に来ています。

世界体操が終わり、今週は会議三昧でした。

机の上での勉強や会議はあまり好きではないけれど、世界で戦うアスリートたちのためにも、最先端の医学知識や、スポーツにかかわる情報を定期的に仕入れることはとても大事なことです。

木曜日には第8回JISSスポーツ科学会議が開催されました。

開所10周年を記念して行われた会議には、多くのスポーツ関係者が集まり、「JISS10年の歩みとこれから」をテーマに、コンディショニング、技術サポート、一貫指導システムの構築といった、これまでのJISSの取り組みと同時に、これからどのような役割をJISSが担うべきかなどについて議論が行われました。

会議ではバンクーバーオリンピックでカナダ躍進の原動力になった「オウン・ザ・ポディウム」という選手強化体制を成功させた、初代CEOのRoger Jacksonさんの特別講演もありました。

「国によるハイパフォーマンス・スポーツシステムの構築と国際大会での成功」と題した講演では、国を挙げた取り組みや組織作り、スポーツ現場とのコミュニケーションの重要性について話され、大変勉強になりました。

何より強く印象に残ったのは、「そのような組織や仕組みを作るうえで最も重要なのは組織をひっぱてゆく人、つまりリーダーシップをとれる人がいるかどうかにかかる」というお話。

やっぱり何事もリーダーがいるかどうか、リーダーがしっかりしているかどうか、ですね。

会議終了後にはJISS設立10周年記念式典が行われ、引き続いて懇親会がありました。

懇親会には体操の冨田洋之さんや新体操のフェアリージャパンの面々、それから入江陵介選手や寺川綾選手などの競泳の連中もかけつけてくれました。

会議でもシンポジストとして参加してくれた入江選手、競泳パンツ姿もカッコいいけれど、こうやって見るスーツ姿もかっこいいねえ。

スポーツ基本法も成立して、ますます重要になったJISSやNAASHの役割。その職員の一人としての責任を改めて感じた一日でした。

世界体操を応援に来た被災地の子供たち

水曜日, 10月 19th, 2011

体操の世界選手権が終わり、昨日から私も通常の生活に戻りました。

8月から、ユニバーシアード(深圳)、レスリングの世界選手権(飛んでイスタンブール)、世界体操東京2011と帯同が続きましたがようやくこれでひと段落です。

世界体操では後半とても忙しくてブログもあまり書かなかったから徐々に小出しにすることにします。

10月15日、種目別決勝の日、たくさんの子供たちを連れて歩く鹿島丈博さんの姿がありました。鹿島さんはご存じのとおりアテネ、北京のオリンピックメダリスト、あん馬の名手で元世界チャンピオンです。体操着姿もかっこよかったけれど、背広姿もカッコいい。

そもそも東日本大震災のあと、今年の体操世界選手権を予定通り東京で開催するかが議論になりました。

「震災に負けずに頑張っている日本の姿を世界に示したい」という我々の思い。そして、世界の体操関係者の「体操人みんなが被災した日本を応援していることを形で示したい」という気持ち。関係者の努力で予定通り東京で開催されることになったのです。

鹿島さんが連れて歩いていたのは被災地である宮城、岩手、福島の子供たち100人です。土日に100人ずつが招待され間近に試合を観戦し、大きな声で世界の選手たちを応援していました。

一生懸命演技する選手たちの姿を見て、きっといろんなことを感じたと思う。

そして、この前も書いたけれど、世界の選手たちのレオタードには被災地を応援するメッセージが。

被災地の復旧もまだまだで、さらに原発事故の影響もあって、いまだにのびのびとスポーツができる環境にない子供たち、一刻も早い復旧・復興を目指すとともに、我々もスポーツ人として何ができるかを常に考えていかなきゃいけないね。