Archive for 4月, 2011

レスリングの全日本選抜選手権

金曜日, 4月 29th, 2011

今日はレスリングの全日本選抜選手権・明治杯に顔を出してきました。

今日明日(4月29日、30日)と行われるこの大会、東日本大震災の復興支援大会である同時に、今年9月にトルコ・イスタンブールで行われる世界選手権の日本代表選考会を兼ねています。

昨年の12月の天皇杯全日本選手権の優勝者が再び優勝した場合にはそのまま世界選手権代表に内定、ほかの誰かが優勝した場合にはそれぞれの優勝者同士が世界選手権出場をかけてプレイオフを戦います。

今年の世界選手権は来年のロンドンのリンピックの予選も兼ねていますから、選手たちにとってはロンドンオリンピックを見据えたとても大事な大会です。

隣りで見ていたロサンゼルスオリンピックの金メダリストで北京の強化委員長の富山英明さんが言いました。

「もう来年はオリンピックだよ、コマッチャン。本当に早いなあ」

本当ですね。私も野球の星野ジャパンに帯同し悔しい思いをしたあの北京からもう3年、年をとればとるほど時間が早く過ぎていくのはどうしてなんだろう。

選手たちの真剣な戦いを見ながら、俺も気合を入れなきゃなと感じました。

世界選手権代表を目指して明日も熱い戦いが繰り広げられます。

場所は代々木第二体育館、入場料は無料ですから、時間があったらぜひ頑張っている選手たちを応援に来てくださいね。

東日本大震災、スポーツ人としてすべきこと

水曜日, 4月 27th, 2011

未曾有の震災は今なお被災地の方々を苦しめています。今、スポーツにできることは何か。多くのスポーツ選手がすぐさま行動を起こしました。われわれスポーツドクターも現地に…★ITmediaエグゼクティブ小松裕の「スポーツドクター奮闘記」 更新!

スポーツ人としてすべきことを考えています。

肉離れでも泳ぎ切った北島康介のアツい気持ち

火曜日, 4月 26th, 2011

昨日の報道ステーション、先日行われた世界選手権の代表選手選考会でスタート直後に肉離れを起こしながら懸命に泳ぎ、200メートルでも世界選手権代表となった北島康介選手の特集をやっていました。

JISSにも来ている金岡先生やJISSマルチサポートの岩原さんも登場。

水泳で肉離れなんてきいたことがないからそれだけで北島選手のすごさがわかりますが、肉離れを起こした後も200メートル近く泳ぎ2着に食い込むのもすごい。

さらに、昨日の彼のコメントには感動しました。

「震災の後、より強いメッセージを残したかった」

これは彼が取ってつけた言葉ではありません。本心から出た言葉です。そういう強い気持ちがなければあんなレースはできないのです。

東日本大震災のチャリティー大会でもあった選考会、単に義援金を集めるだけでなく、選手たちが被災者の方たちのことを思いながら熱い気持ちで戦っていたことがよくわかりました。

そんな姿を見るたびに、ますます選手たちを応援したい気持ちになります。そして、自分だって全力でやらなきゃ、って思うのです。