Archive for the ‘政治’ Category

みなさんの声を、お聴かせください 「ミニ集会」随時開催しています

日曜日, 4月 15th, 2018

 昨秋の総選挙から、もうすぐ半年が過ぎようとしています。県都・長野市を擁するこの長野一区で、自民党の議席を失うことになってしまった申し訳なさを感じながら、引き続き応援してくださる大勢のみなさんのためにも、北信のためにも、必ず国政に復帰しなければいけないという強い気持ちで活動を続けています。

 「落選してわかったことがたくさんある」この半年の間、そう感じています。この経験を、今後の政治活動に生かしていく。そのためにも、一人でも多くの方とお会いし、地域の課題や自民党に対するご意見などをお聞きして、小松ゆたかの思いを伝えるための「ミニ集会」を随時開催しています。厳しいご意見もぜひお聞きしたいと思います。

 ミニ集会の開催は、決定次第、その都度フェイスブックやツイッター、チラシなどで告知していきます。お時間があればぜひお気軽にお越しください。ミニ集会のご希望があれば北信各地どこへでもお伺いします。3人でも5人でも、少人数で構いません。小松ゆたか事務所までご連絡ください。

平成30年度の予算が成立しました。「誠実で正直な政治」

金曜日, 4月 13th, 2018

 4月に入り、暖かい日が続いています。桜の開花も例年よりとても早く進みました。花粉が飛び交う中、自分の足で地道な活動を続けています。

 国会では97兆7128億円となる平成30年度の予算が成立しました。予算の早期成立は、景気回復に必要不可欠です。予算の執行によって、地方や中小企業へ景気回復の実感を行き渡らせていかなければなりません。

 ところで、この予算の中身について、みなさんはどれだけ知っているでしょうか。

 経済・財政再生計画の集中改革期間の最終年度として「人づくり革命」「生産性革命」「財政健全化」の三本柱のもと、具体的には保育士の処遇改善や幼児教育の段階的無償化、給付型奨学金の拡充、地域の中核企業や中小企業の設備・人材への投資の促進や税制上の措置、農業についても水田活用交付金の増額や収入保険制度の創設などが盛り込まれ、国債発行額も6年連続で縮減しています。

 一方で社会保障費は予算の3分の1を占め、高齢化社会が加速する中、医療や介護の予算は増え続けています。将来に向けてお金をかけずに健康で長生きできる仕組み作り、さらに税収増となるような経済政策を打ち立てていかなければなりません。

 国会の大きな役割は国の予算を決めることです。しかし予算委員会では森友や加計学園の疑惑の解明に多くの時間が費やされ、解明どころか納得できないような答弁が繰り返されています。このままでは政治不信はますます募り、国会が本来果たすべき役割を果たせません。強い危機感を感じています。「誠実で正直な政治」。日本の将来のために、今こそこれを示していかなければなりません。

2冊目の著書 「スポーツの現場ではたらく」が出版されました

木曜日, 3月 8th, 2018

スポーツの現場ではたらく
著者:小松ゆたか
定価:864円
発売日:2018年3月8日

 栄光の陰にスタッフの力あり!トップ・アスリートの活躍を支える舞台裏!
 「スポーツを仕事にする」という夢は、選手だけのものではありません。選手たちの華々しい活躍の裏には、数多くのスタッフの力が集結しています。スポーツドクター、トレーナー、理学療法士、カウンセラー、栄養士をはじめ、スタッフはどんな想いで選手を支え、どのようにして貢献しているのか?オリンピックに5度帯同した「スポーツドクター」の小松ゆたかが、プロフェッショナルたちの働きぶり、スポーツの現場で感じた感動と課題を伝えます。

・amazonのページはこちらから

・イースト・プレス(出版社)のページはこちらから

===

 平昌オリンピックでは日本選手団が史上最多のメダルを獲得し、長野県出身の選手たちも大活躍。素晴らしかったですね。様々な困難を乗り越えて栄冠をつかんだ選手たち。印象に残ったのは試合後の言葉や態度です。信州大学の後輩でもある小平奈緒選手、ライバルの韓国選手をリスペクトする態度や感謝の言葉、素晴らしかったですね。

 そんな活躍する選手たちを陰で支えているスタッフが数多くいます。私もかつてはドクターとして、現在は政治の世界でスポーツを支えています。この経験を元に、スポーツを支える仕事やスポーツ現場での心得などを私の人生論と併せて一冊の本にまとめました。スポーツは競技だけに限りません。健康スポーツも含め、スポーツを現在支えている人、これから支えたいと思っている人にぜひ読んでほしいと思います。

 平昌ではパラリンピックも始まりました。障がい者スポーツ支援にも力を入れてきましたので、今回パラリンピックがNHKで連日放映されることになり、感慨もひとしおです。障がいを持ちながら全力で頑張る選手たちの姿に、エールを送ってください。