がんばれ!デフリンピック日本代表!

7月 19th, 2017

 4年に1度開かれる、聴覚に障がいのある人たちの国際スポーツ大会「デフリンピック」が、7月18日、トルコで開幕しました。23回目となる今大会は、中東で初となる、トルコの黒海沿岸の都市サムスンで始まりました。大会には97の国と地域から3,000人を超える選手が出場。日本からは108人の選手が11の競技に出場する予定です。

 この大会に出場する日本選手団への手話応援メッセージ動画を、参議院議員の薬師寺みちよ先生と一緒に作りました。同じ医師でもある薬師寺先生とは、昨年9月、リオデジャネイロパラリンピックの視察でもご一緒し、共に障がい者スポーツ支援を通じた障がい者施策の推進に取り組んでいます。

▼応援メッセージ

 6月28日に行われたデフリンピック日本選手団壮行会には私も出席。多くの国会議員も参加して、盛大に開催されました。パラリンピック、デフリンピック、スペシャルオリンピックス、障がい者スポーツを応援して、インクルージョン社会を目指します。

 デフリンピック日本代表のみんな、がんばってね!

▼大会の詳細と日本選手団に関する情報はこちらから
第23回夏季デフリンピック競技大会 サムスン2017

いま自民党に問われているのは、政治に取り組む「姿勢」です

7月 3rd, 2017

 6月18日、通常国会が閉会しました。閉会後は開会中以上に地元を回って、お宅を一軒一軒訪問したり、地域の行事に伺いながら、多くの方にお話を伺っています。

 「自民党や安倍政権は、国民の声にもっと聞く耳を持たなければいけない」「テロ等準備罪法案も、納得のいく説明ができていないじゃないか」「かつての自民党には様々な意見があった。最近はみんなが同じ方向を向いているように見える」など、たくさんの率直なご意見をいただいています。

 7月2日、東京都議会議員選挙が行われ、都民ファーストの会は55議席を獲得し都議会第1党となる一方、自民党は57議席から過去最低の23議席へと激減し、大敗を喫しました。

 獣医学部新設を巡る問題や閣僚・党所属議員の言動への反発など、安倍政権や自民党に対する強い批判が、今回の惨敗につながったと感じています。

 私が初当選した4年半前の衆議院総選挙。自民党が大勝した夜に、当時の石破茂幹事長から1枚のFAXが届きました。そこには「この勝利に決して驕ってはいけない。国民が本当に期待しているのは謙虚で正直な自民党。再び信頼を失うことがないよう、すべてに誠実に取り組みなさい」という言葉がありました。国会議員は、政治的意見の異なる方々も含めた国民すべての代表であるという意識を、初心に帰って新たにしなければなりません。

 いま自民党に問われているのは、政策よりも政治に取り組む「姿勢」です。今回の結果を謙虚に受け止め、驕ることなくまじめに誠実に政治に取り組み、自民党を変えていきます。

19665238_10155355427432604_2838479241549168811_n

第193回通常国会が閉会 本会議で初の代表質問も行いました

6月 23rd, 2017

 6月18日、150日間の第193回通常国会が閉会しました。今国会では、天皇陛下の退位を可能とする「皇室典範特例法」や、「テロ等準備罪」を新設する「組織犯罪処罰法」が大きく取り上げられましたが、他にも多くの法案が成立しています。

 育休制度を拡充し、保険料率引き下げの「雇用保険法」や、給付型奨学金を支給する「学生支援機構法」。配偶者控除の年収上限を引き上げる「所得税法」もその一つです。

 一方で、私が事務局として力を入れて取り組んだ「循環器病・脳卒中対策基本法」や「死因究明等推進基本法」は、今国会では成立させることができませんでした。これらは健康長寿社会を創る上で、大切な法案です。次の国会での成立を目指して取り組みたいと思います。

 3月28日には衆議院本会議で初の代表質問にも立ちました。「誰もが安心して暮らすことができる社会の仕組みをつくる」という私の志と、「健康長寿長野」の取り組みを国政の壇上から発信することができました。これからも北信の様々な課題を解決し、安心した生活を支える社会を実現するために、責任を持って取り組んでいきます。

aP3280644